【AIGID】【UDC】UDCの活動がGIS教育プログラムの認定されました

AIGIDが主催するUDCの活動がGIS学会が認定するGIS教育プログラムとして認定されました。
東京で開催されるイベントだけでなく、全国の活動拠点で開催されるアイディアソンやハッカソンもプログラムの対象となります。

皆様のご参加・受講をお待ちしております。

■アーバンデータチャレンジに関する情報

 ★UDCの今後のイベント予定

 ★アーバンデータチャレンジのトップページ

■GIS教育プログラムに関する情報

 ★GIS資格認定協会(GIS学会)

 ★GIS教育認定

 ★GIS学会が認定する教育プログラム

【済】【AIGID】【UDC】【2016年6月27日】アーバンデータチャレンジ2016 キックオフ「地域課題解決の輪を広げ、全国に!〜30地域拠点が一挙に集結〜」

アーバンデータチャレンジ2016 キックオフ「地域課題解決の輪を広げ、全国に!〜30地域拠点が一挙に集結〜」の御案内

平成26年度からG空間社会の実現に向けた実証事業が進められ、今年度にはプラットフォームの運用開始も予定されており、地理空間情報の重要性がますます高まりつつあります。特に、地理空間情報は地域課題の解決に大きく貢献できることが世界的に認識されつつあり、非常に活発な議論になっているオープンデータやビッグデータの整備・利活用とも関係しています。

一方で、これらの取組を開始した自治体や民間企業等も様々な課題を抱え、サステナブルな形で多くの自治体が広くデータを流通・公開することや、ビジネスレベルで多くの民間企業等が参画するという状況には至っておりません。このため、私たち「一般社団法人社会基盤情報流通推進協議会(AIGID)」は、平成25年度から「アーバンデータチャレンジ(UDC)」という、地域課題の解決を目的とした地方自治体を中心とする公共データを活用した年間のイベント開催を伴う一般参加型コンテストを実施し、コンテストに向けたディスカッションやオープンデータを用いた地域課題解決の事例報告等のワークショップを行ってまいりました。平成27年度には、中核となって活動頂ける20の地域拠点に参画頂き日本各地で活動し、コンテストにはアイデア・データ・アプリケーション・ソリューションの各部門計158作品の応募がありました(UDCの詳細はhttp://urbandata-challenge.jp/をご覧ください)。

本年度2016年は、全国の地域拠点を30拠点に拡充し、引き続き国内で同様に企画されているイベントや活動と適宜連携を図りながら、地理空間情報の流通や利活用を日本各地でさらに促進して参ります。今回のシンポジウムでは、「アーバンデータチャレンジ2016(UDC2016)」開催のキックオフ・イベントを兼ねて、地方公共団体の取組み状況やUDC2016を通じて取組みたい課題等の話題提供を頂きます。話題提供やディスカッション、懇親会を通じて、御参加の皆様との議論を深める良い機会となることを期待しております。

1. 日時 平成28年6月27日(月) 13:30~18:00

2. 場所 東京大学駒場第Ⅱキャンパス(生産技術研究所内)An棟2階コンベンションホール
http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/access/access.html  (駒場第Ⅱキャンパスへのアクセス)
http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/access/campusmap.html  (キャンパス内配置図)

3. 主催 一般社団法人社会基盤情報流通推進協議会
東京大学生産技術研究所 柴崎・関本研究室

4. 次第
【第1 部:アーバンデータチャレンジ2016開催に向けて】(司会:司会:日本工営株式会社 伊藤 顕子)
13:30-14:00 開会挨拶・UDC2016開催に向けて 東京大学生産技術研究所准教授(一社AIGID 代表理事)・関本 義秀
14:00-14:20 UDC2015 の紹介 東京大学生産技術研究所准教授(一社AIGID 代表理事)・関本 義秀
14:00-14:50 活動報告「北海道統計データ閲覧ツールseseki」(UDC2015アプリケーション部門・金賞)三好 邦彦氏

(休憩10 分)

【第2 部:地域に課題解決の力を!新規拠点による地域の取組み紹介】(司会:日本工営株式会社 伊藤 顕子)
14:30-16:20 取組み紹介「UDC2016を通じて皆さんと実施したいこと」(7 分×10団体予定)
・千葉ブロック(オープン!ちば・松島 隆一氏)
・埼玉ブロック(埼玉県GIS普及推進研究会/立正大学・後藤 真太郎氏)
・富山ブロック(Code for Toyama City・冨成 敬之氏)<調整中>
・長野ブロック(Wikipedia TOWN in INA Valley/高遠ぶらり制作委員会・諸田 和幸氏)
・岐阜ブロック(Code for GIFU・國枝 裕介氏)
・愛知ブロック(名古屋大学 未来社会創造機構/オープンデータ東海・河口信夫氏)<調整中>
・京都ブロック(Code for Kyoto・太田垣恭子氏)<調整中>
・兵庫ブロック(Code for Amagasaki・多田 真遵氏)
・岡山ブロック(一般社団法人 データクレイドル・大島 正美氏)<調整中>
ほか

(休憩20 分)

【第3 部:地域課題解決の輪を広げるには?】
16:40-17:40 パネルディスカッション
「地域課題解決に向けて、多様な主体を繋げ活動を継続する秘訣を探る」
アーバンデータチャレンジを始め、シビックテックに関する活動に取り組まれている方々を迎え、自治体・市民団体・民間企業など地域で活動する多様な主体を横に繋ぎ、地域の課題解決・魅力創出の力としていくための方法や課題を議論します。

・横浜市金沢区地域振興課・石塚 清香氏
・静岡市総務局情報管理課・長島 治雄氏
・Code for Tokyo・小副川 健氏
・Code for IKOMA・佐藤 拓也氏<調整中>
(進行:一般財団法人 日本情報経済社会推進協会 (JIPDEC)・郡司 哲也氏)

17:40-17:50 UDC2016 全地域拠点集合写真撮影
17:50-18:00 閉会挨拶
18:00-20:00 懇談会(会場:An 棟2 階・ホワイエを予定)
※内容は急の事態等で変更になることがあります。予めご了承下さい。

5.お申込みフォームURL
URL:http://bit.ly/1PgAUEz
※参加費:無料(定員200 名)を予定しております。
※懇談会:無料(定員70 名)を予定しております。
※お申込以外のお問合せにつきましては、下記事務局までお願いいたします。
アーバンデータチャレンジ事務局:udc-office[at]aigid.jp
(キャンセルされる場合は、その旨ご連絡よろしくお願いいたします。)

6.関連URL
アーバンデータチャレンジ2016
【HP】http://urbandata-challenge.jp/
【Facebook】http://www.facebook.com/UDCT2013
社会基盤情報流通推進協議会(AIGID) http://aigid.jp

なお、当日インターネットでの中継を予定しています。
http://www.ustream.tv/channel/nLKqx7Wj87k

【済】【AIGID】【UDC】【2016年2月20日,3月5日】オープンマップ@山口市 地域フォローアップセミナー

オープンマップ@山口市 地域フォローアップセミナー
地図を使った、便利で快適な地域づくり

 

主催:山口市

共催:アーバンデータチャレンジ2015実行委員会、やまぐちGISひろば

協力:朝日航洋株式会社

 

スケジュール

2016年2月20日(土) 13:30-16:00 小郡地域交流センター 2階視聴覚室
2016年3月5日(土) 13:30-16:00 山口ケーブルビジョン株式会社1階多目的スペース

セミナーパンフレットはこちら(PDF

 

お問い合わせ

山口市総務部情報管理課
〒753-8650 山口市亀山町2番1号
TEL:083-934-2991/FAX:083-932-1779

 

【済】【AIGID】【UDC】【2015年12月12日~13日】第2回オープンデータ・ハッカソンin鳥取

第2回オープンデータ・ハッカソンin鳥取

 

テーマ:オープンデータ、空き家有効利用

主催:Code for Tottori

協賛:アーバンデータチャレンジ2015実行委員会

共催:鳥取県

 

スケジュール

日時:2015年12月12日(土) 9:00-16:30

2015年12月13日(土) 9:00-16:30

開場施設:cafe SOURCE BANQUET(カフェ ソース バンケット)

〒680-0831 鳥取県鳥取市栄町401−3F(Google Maps

http://banquet.cafe-source.com/

定員:あり

参加費:無料

申込み方法専用ウェブページからhttps://code4tottori.doorkeeper.jp/events/34388

プログラム:

12月12日(土)

  • 9:00     開場&受付開始
  • 10:00     オープニング
  • 10:30     ガジェット紹介
  • 11:30     グループ分け
  • 12:00     休憩
  • 13:00     グループワーク
  • 16:30     1日目終了

12月13日(日)

  • 9:00     開場
  • 10:00     2日目開始
  • 16:30     2日目終了

 

【済】【AIGID】【UDC】【2015年12月5日~6日】横浜・横須賀・鎌倉3市連携ハッカソン(金沢区大会)2Days

横浜・横須賀・鎌倉3市連携ハッカソン(金沢区大会)2Days

主催Code for YOKOHAMA

共催:横浜市金沢区、アーバンデータチャレンジ 2015実行委員会

メディアパートナー:湘南経済新聞、横須賀経済新聞、横浜経済新聞

 

スケジュール

日時:2015年12月5日(土) 10:00-20:00(9:30会場)

2015年12月6日(土) 10:00-17:00(9:30会場)

会場:八景島客船ターミナル2階

募集人数:40名

参加費:無料

参加申込み方法専用ウェブページからhttp://peatix.com/event/129971

プログラム:

12月5日(土)10:00~20:00(9:30開場)

  • 開会宣言
  • 主旨説明
  • チームビルディング
  • フリータイム

12月6日(日)10:00~17:00(9:30開場)

  • フリータイム
  • 経過報告
  • フリータイム
  • 成果報告プレゼンテーション
  • 表彰
  • クロージング

 

【済】【AIGID】【UDC】【2015年11月23日】関西オープンデータディ ~検索したおしたんディ~

関西オープンデータディ ~検索したおしたんディ~

主催・共催:

スケジュール

日時:2015年11月23日(月) 10:00-19:00

会場:大阪イノベーションハブ

定員:50名

参加費:無料

※無線LANに接続可能なPC(タブレット不可)をご持参ください

お申込みフォーム:

http://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=20270

プログラム:

  • 10:00
  • 関西オープンデータ紹介「こんなデータをオープンにしました!」
    ライトニングトーク(登壇者は現在調整中です)

  • 11:30
  • <セミナー>Linked DataとSPARQLについて

  • 13:00
  • <チュートリアル+ハンズオン>オープンデータを横断検索する方法と事例

  • 14:00
  • 少人数でのチーム分け&検索アイディア出し

  • 17:00
  • 検索結果・可視化等の発表

【済】【AIGID】【UDC】【2015年11月28日】アーバンデータチャレンジ2015 in Hokkaido×オープンガバメント推進協議会公開シンポジウム前日祭

アーバンデータチャレンジ2015 in Hokkaido×オープンガバメント推進協議会公開シンポジウム前日祭

「第2回”まち”をもっと良くするアプリアイデアワークショップ」

主催:アーバンデータチャレンジ2015 in Hokkaido事務局

共催:北海道オープンデータワークショップ(HOW)

後援:オープンガバメント推進協議会

スケジュール

日時:平成27年11月28日(土曜日)13時00分から17時00分(受付開始12時30分から)

会場:室蘭市中小企業センター中会議室(室蘭市東町4丁目29番1号)

参加費:無料

お申込みフォーム:

https://www.harp.lg.jp/SksJuminWeb/EntryForm?id=bTnzEpGb

詳細ページ:

http://www.city.muroran.lg.jp/main/org2260/udc2015_1128.html

プログラム:

【第1部 室蘭と森町のオープンデータやICTを使った取組みにかかわる講演】

  • Code for Muroran発起人/LocalWiki Organization Japan 室蘭Wiki/
  • 有限会社ツーエイシステムズ代表取締役社長 櫻井 孝 氏

  • 森町役場総務課情報管理係 主任 山形 巧哉 氏

【第2部 アプリアイデアワークショップ】

グループごとに“まち”の課題を解決するアプリのアイデアを第1回のワークショップのアイデアをもとにして、より良いアイデアを考えます。

本イベントはオープンガバメント推進協議会公開シンポジウム前日祭として、開催します。

こちらの公開シンポジウムも多くの方にご参加いただければ幸いです。

http://www.city.muroran.lg.jp/main/org2260/ogkyougikai.html

【済】【AIGID】【UDC】アーバンデータチャレンジ茨城ブロック 『アーバンデータチャレンジ2015 共催イベント ~ウィキペディアタウン水戸 @偕楽園~』【平成27年11月15日】開催のお知らせ

アーバンデータチャレンジ2015 共催イベント ~ウィキペディアタウン水戸 @偕楽園~

概要

さわやかな秋空のもと,「歴史アドバイザー水戸」の方と偕楽園を歩いてみましょう!
新たな発見がきっとあるはず。
そこで見つけた「発見」を実際に「ウィキペディア」に書いてみよう!というイベントです。
参加者みなさんで,偕楽園の情報を全国へ,そして世界へ発信しましょう!

スケジュール

(水戸駅改札口集合)

開催日 11月15日(日曜日)【少雨決行します。】

1 水戸駅改札口(9:30集合)
2 偕楽園へ移動(みなさんで移動します。)
3 簡単なガイダンス(行動予定,写真撮影について)と自己紹介
4 偕楽園(本園)の調査(歴史アドバイザーとともに)(10:00~12:00)
5 チーム分け,偕楽園(東門または御成門)から徒歩移動、
チーム毎にお昼休憩(12:00~13:30)
6 会議室(水戸文化交流プラザ)(13:30~17:00)
※はじめにウィキペディア執筆・編集に関するガイダンス(15分程度)
※中央図書館も活用しながら資料収集,会議室でウィキペディア編集
7 成果発表(17:00~17:30)
8 解散(17:30)

○ 講 師 小池 隆 様
合同会社緑IT事務所 代表
準大手SI企業にてソフトウェア受託開発及びソフトウェア工学の研究に従事した後,2014年に起業。
オープンデータの普及と利活用の推進に取り組んでいらっしゃいます。
「ウィキペディア」を活用した情報発信の取組みについて,地元神奈川や東京を中心に活躍されております。

詳細・参加申込み

http://www.city.mito.lg.jp/002005/003468/p015632.html

【済】【AIGID】【UDC】アーバンデータチャレンジ徳島ブロック 『まちなか探検隊 in 徳島』【平成27年11月8日】開催のお知らせ

まちなか探検隊 in 徳島

概要

徳島市街地をスマホ片手にミッションを遂行しながら探検します。(小雨決行)
また,探検を通じて得られた情報をオープンストリートマップLocalWikiへ反映させ,地域におけるオープンデータを増やしていきます。(編集を行える方はノートPCをご持参ください。)

集合場所

とくぎんトモニプラザ 4階 会議室1 (徳島市徳島町城内2-1), [地図]

スケジュール

13:00-     開場 (4F 会議室1)
13:15-   イベント趣旨・ルール説明など
13:30-15:30  まちなか探検 (制限時間120分)
15:30-16:30  成果登録(オープンストリートマップLocalWiki)・発表など
16:30     イベント終了

詳細・参加申込み

http://ouropendata.jp/app/782/full/index.html

【済】【AIGID】【UDC】【2015年9月29日】CSISi 第12回公開シンポジウム アーバンデータチャレンジ2015

「アーバンデータチャレンジは地域創生に貢献できるか?~地域20拠点、一挙中間報告!」の御案内

社会基盤情報流通推進協議会(AIGID)と東京大学空間情報科学研究センター(CSIS)「次世代社会基盤情報」寄附研究部門は、実空間における様々な国土情報ならびに公共施設等の社会インフラに関わるデータの持続的な流通に向けた取組みとして「アーバンデータチャレンジ(UDC)」を2年間にわたり開催してきました。現在2000以上に及ぶ地方自治体発のオープンデータや社会インフラに関わる情報の収集・配信に関する流通環境を整備し、これらの有用なデータを基にした地域課題や魅力創出に効果的なツールやアイデア等を、様々なワークショップを介して市民発の作品として仕上げる活動として実施して参りました。昨年度のUDC2014では、東京および10の地域拠点において課題発掘のミーティングやアイデアソン・エディタソン・ハッカソン等のイベントを延べ十数回に渡って開催し、地域におけるオープンガバメントの現状や課題等の共有を図ると共に、地域の課題解決や魅力創出に向けたアイデアやデータ、アプリケーション、ソリューションを募集するコンテストを開催し、計76作品が集まりました。
現在、全国各地域の各団体において様々なオープンデータの整備、公開、利活用の方策が検討されている状況です。これらの取組みを、一部の先進的な団体から広く展開し、サステナブルな形で広くデータを流通・公開することや、ビジネスレベルで多くの民間企業等が参画する状況に繋げることが重要です。
本年度2015年は、全国の地域拠点を20拠点に拡充し、データ提供・支援拠点3機関との協働および地域間の連携を図りながら取組んでいます。今回のシンポジウムでは、「アーバンデータチャレンジ2015(UDC2015)」の途中経過について、魅力的な活動に取り組まれている地域ブロックからの話題提供を頂き、今後コンテストの応募や地域活動に向けて有用なツール・サービスの紹介を通じて、御参加の皆様の関心や意見交換を深める良い機会となることを期待しております。

1. 日時 平成27年9月29日(火) 13:30~18:30

2. 場所 東京大学駒場第Ⅱキャンパス(生産技術研究所内)An棟2階コンベンションホール
http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/access/access.html  (駒場第Ⅱキャンパスへのアクセス)
http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/access/campusmap.html  (キャンパス内配置図)

3. 主催 東京大学空間情報科学研究センター「次世代社会基盤情報」寄付研究部門
一般社団法人社会基盤情報流通推進協議会

4. 次第
【第1 部:アーバンデータチャレンジ2015 と地方創生】(司会:東京大学CSIS 特任准教授・中條 覚)
13:30-13:35 開会挨拶 東京大学空間情報科学研究センター教授・柴崎 亮介
13:40-14:00 UDC2015 の紹介 東京大学生産技術研究所准教授(一社AIGID 代表理事)・関本 義秀
14:00-14:50 基調講演「地方創生の取り組みについて」 内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局参事官・五十嵐 智嘉子氏
14:50-15:00 活動報告「国立国会図書館デジタルコレクションで地域を知ろう!(仮)」 国立国会図書館電子情報部電子情報流通課・橋詰 秋子氏 & 福山 樹里氏
(休憩10 分)
【第2 部:アーバンデータチャレンジ2015 と地域活動】(司会:日本工営株式会社・伊藤顕子)
15:10-16:40 地域拠点からの活動報告(各10 分を予定)
■地域課題の発見【マッピングパーティ・街歩き】
・佐賀ブロック(Code for Saga・牛島 清豪氏)
・鹿児島ブロック(肝付町企画調整課・中窪 悟氏)
■地域課題の情報提供・議論【データ開放・アイデアソン】
・石川ブロック(一般社団法人コード・フォー・カナザワ・福島 健一郎氏)
・福島ブロック1
・北海道ブロック(室蘭市企画財政部ICT 推進課・丸田 之人氏)
■地域課題の解決に向けたアクション【実装・ハッカソン】
・滋賀ブロック(大津市情報システム課・楠 有矢氏)
・鳥取ブロック(Code for Tottori/鳥取大学総合メディア基盤センター・東野 正幸氏)
・福島ブロック2
16:40-17:10 地域拠点における活動に関するライトニングトーク(各3 分を予定)
・福岡ブロック(ビッグデータ&オープンデータ研究会in 九州(BODIK)・坂本 好夫氏)
・徳島ブロック(徳島県政策創造部統計戦略課・吉川 満氏)
・島根ブロック(島根大学法文学部法経学科・市川 歩氏 & 宮本 美佐子氏)
・奈良ブロック(Code for IKOMA・佐藤 拓也氏)
・静岡ブロック(静岡市総務局情報管理課・長島 治雄氏)
・神奈川ブロック(横浜市金沢区地域振興課・石塚 清香氏)
・東京ブロック(日野市企画部地域戦略室・中平 健二朗氏)
・茨城ブロック(水戸市市長公室情報政策課・北條 佳孝氏)
※ほか、第2 部の登壇者は一部調整中です。
(休憩10 分)
【第3 部:地域課題解決のお役立ちツール一挙紹介!】(司会:東京大学CSIS 特任助教・瀬戸寿一)
17:20-18:15 LT+デモ(各5 分を予定)
・ウィキペディア街道「大山道」(合同会社緑IT事務所・小池隆氏)
・5374.jp(一般社団法人コード・フォー・カナザワ・福島 健一郎氏)
・crowdb.us バス停データ・プラットフォーム(東京大学生産技術研究所)
・ストーリーマップ テンプレート(ESRI ジャパン株式会社・木田和海氏)
・お祭りデータセンター(Code for Chiba・浦本和則氏)
・Universal Sensor Network—仮想センサシステム(慶応義塾大学・米澤拓郎氏)
・地域のバス情報をオープンデータ化し世界に発信するOpenTrans.it の紹介(東京大学生産技術研究所・伊藤昌毅氏)
・東京エリアストレスー都市エリア毎の感情可視化ツール(東京電機大学未来科学部情報メディア学科・高橋洸人氏 & 岩井将行氏)
18:15-18:30 アーバンデータチャレンジ2015 今後の予定&閉会挨拶 (東京大学生産技術研究所准教授・関本義秀 & 日本工営株式会社・伊藤顕子)
・募集要項について ・特別賞のご紹介・Web サイト等のご紹介
18:40-20:30 懇談会(会場:An 棟1F カポ・ペリカーノ駒場店)
※内容は急の事態等で変更になることがあります。予めご了承下さい。

5.お申込みフォーム
URL:http://i.csis.u-tokyo.ac.jp/news/20150929/entry.html
※参加費:無料(定員200 名)を予定しております。
※懇談会:無料(定員70 名)を予定しております。
※お申込以外のお問合せにつきましては、下記事務局までお願いいたします。
寄付研究部門事務局:csisi-office[at]csis.u-tokyo.ac.jp
(キャンセルされる場合は、その旨ご連絡よろしくお願いいたします。)

6.関連URL
アーバンデータチャレンジ2015 【HP】 【Facebook】
社会基盤情報流通推進協議会(AIGID)  【HP】
東京大学空間情報科学研究センター次世代社会基盤情報寄付研究部門  【HP】
なお、一部の講演についてはUstream での中継を予定しています。