【AIGID】21世紀の基幹インフラ「G空間情報センター」の運用開始

~産官学の様々なG空間情報の流通・ビジネス創出に向けて~

一般社団法人 社会基盤情報流通推進協議会(代表理事:関本義秀)では、G空間情報産業の活性化、新たなビジネス・サービスの創出を目的に、産官学の関係機関が連携し、社会インフラに関わる情報の収集・配信・利活用等の流通環境の整備に関する活動を進めてきました。また、地方自治体等が保有するデータを用いて地域課題の解決を支援する「アーバンデータチャレンジ(http://urbandata-challenge.jp/」の取り組みを実施するなど、行政データを掘り起こしやデータ活用のアイディア、及びアプリケーション・ソリューションの具体化を支援してきました。

これらの取り組みを更に加速させ、産官学を問わず、組織の壁を越えた多様なデータの統合・融合と価値創出を実現させるため、官民等が保有するG空間情報をワンストップで自由に組み合わせて入手できるG空間情報センター(センター長:柴崎亮介 URL:https://www.geospatial.jp/)の運用を2016年11月24日より開始します。G空間情報センターは、平成24年3月に政府で閣議決定された地理空間情報活用推進基本計画に基づき、設立され、社会基盤情報流通推進協議会が運用を行うものです【参考資料1参照】。

開始当初は150程度のデータセットの流通ですが、今後、G空間情報センターを通じて、様々なG空間情報を提供することにより、情報の統合・分析による付加価値の創造、新しい情報の利活用方法・ビジネスの創出を目指します。【参考資料2、3参照】。

11月24日のG空間EXPO2016(日本科学未来館 7階 未来館ホール)初日午前(10時30分~12時10分)にて、オープニングイベントを実施します。

オープニングイベント概要:http://www.g-expo.jp/symposium/program.html#day1_a01

G空間情報センター

<G空間情報センターのサービス内容>

G空間情報センターでは、①G空間情報の流通支援、②政府機関・自治体向け「情報信託銀行」サービス、③災害対応情報ハブ、④G空間情報オープンリソースハブ、⑤G空間情報の研究開発を展開します。

<①G空間情報の流通支援>

国、地方公共団体、大学、民間等が保有する、オープンデータ、有償・無償データ、独自データなどの多様なデータを提供します【参考資料3参照】。また、データを活用するための各種アプリケーション(利用環境)も提供します。

さまざまなG空間情報、アプリケーションを、誰もが簡単に検索・入手できる環境(各種データの検索・提供を行う基盤)を構築することで、研究機関、民間事業者、個人による新たなサービス開発など、新産業・サービスの創出に貢献します。

<②「情報信託銀行」サービス:公共データのオープン化>

G空間情報の基盤として位置づけられる政府、自治体保有の公共データを「信託」を通じオープン化することを目指します。国や自治体等には、高い有用性があるにもかかわらず、様々な制約等によりそのままでは公開はおろか利用もできないデータが存在していますが、これらのデータを適切な変換・集計や解析、匿名化等を施すことで、国や自治体・住民等に裨益する価値の高いデータに変換していきます。

<③災害情報ハブ:防災・減災への貢献>

災害時に、災害ボランティアや研究機関等の活動を支援するため、G空間情報センターでは、災害時協定に基づきデータの提供等を行います。災害時に情報を提供する側の機関、情報を利用する側の機関と順次災害協定を締結しています。国、地方公共団体、大学、民間等が保有する災害対応に役立つデータを、いち早く現場関係者に届けることで、防災・減災に貢献します。

<④G空間情報オープンリソースハブ:普及展開活用に関する取組>

国、地方公共団体、ボランティア、地域コミュニティ・地域企業、研究機関等と連携・協同しながら、G空間情報の利活用普及活動を進めていきます。また、G空間情報の活用に関するコンサルティングも実施していきます。

<⑤G空間情報の研究開発:新たな価値の創造>

産官学で連携・協同し、さまざまなG空間情報を組み合わせや、集計・解析や匿名化などの加工による価値のあるデータの開発、利活用手法の開発を行い、社会課題解決に貢献します。

【協議会概要】

一般社団法人 社会基盤情報流通推進協議会
代表理事 :関本義秀
設立 :平成23年9月
設立趣旨 :産官学の関係機関が連携して、社会インフラに関わる情報の収集・配信・利活用等の流通環境を整備すること 【参考資料4参照】
【お問合せ先】

担当 :石井(事務局長)
メール :office[at]aigid.jp
TEL :03-6455-1845
住所 :〒150-0044 東京都渋谷区円山町6-7 1F
URL http://aigid.jp/

<用語解説>

G空間情報 :地理空間情報と同義であり、「空間上の特定の地点又は区域の位置を示す情報(当該情報に係る時点に関する情報を含む)」または位置情報及び「位置情報に関連づけられた情報」からなる情報のことを指す。
アーバンデータチャレンジ :自治体を始めとする各機関が保有するデータの公開・流通促進に向けた具体的な取組として、各機関が提供可能なデータを整理した上で、それらのデータの活用に効果的なツール、有効なデータ利活用方法等を募集する取り組み。2013年より、対象拠点を拡大しながら実施している。2016年度は30の地域拠点で実施。

【参考資料】
G空間情報センター プレスリリース

【済】【AIGID】「G空間情報センター運営開始記念シンポジウム(H28.11.24)」の御案内

近年、クラウドコンピューティング、スマートシティ等の流れの中で、地理空間情報は重要な社会基盤としての色彩を強めてきております。(一社)社会基盤情報流通推進協議会では、社会基盤情報の収集・配信・利活用等の流通環境の整備を目的として、情報通信技術を活用したサステイナブルな実運用の枠組みの構築を進めてきました。

国においても内閣官房の地理空間情報産学官連携協議会の研究開発ワーキンググループの下で、「地理空間情報の共有・相互利用促進に関する専門部会」が開催され、「G空間情報センター」の整備に向けた議論が行われたほか、平成25年3月より「G空間x ICT推進会議」が総務省において開催され、官民が保有するさまざまなG空間情報を円滑に組み合わせて利活用できるG空間プラットフォームの構築が、平成26年度より本格的に取り組まれました。平成28年度には、国土交通省が各府省と連携して「G空間情報センター」の運用主体を選定し、運用開始に向けた検討が進められてきました。

本シンポジウムでは、G空間情報センターの運営開始を記念して、当センターの概要を紹介するとともに、誰もがいつでも必要なG空間情報を容易に検索・入手可能なプラットフォームとして、G空間情報センターで実現できることをご紹介します。また、G空間情報に係る関係者からご講演を頂きます。

1. 平成28年11月24日(木) 10:30~12:10

2. 場所 日本科学未来館(東京都江東区青海2丁目3-6)7階 未来館ホール
http://www.miraikan.jst.go.jp/guide/route/

3. 定員 300名

4. 主催 一般社団法人 社会基盤情報流通推進協議会

5. 共催 国土交通省国土政策局

6. 次第
司会:一般社団法人 社会基盤情報流通推進協議会・事務局長 石井邦宙

10:30-10:40  G空間情報センターに期待すること 国土交通省・政策統括官 舘 逸志
_________   G空間情報センター運営開始にあたって 総務省情報流通業政局・地域通信振興課長 加藤 主税
10:40-11:00 G空間情報センター開設の宣言 G空間情報センター・センター長/東京大学空間情報科学研究センター・教授 柴崎 亮介
11:00-11:30 データ流通プラットフォームおよび登録データのご紹介
一般社団法人 社会基盤情報流通推進協議会・代表理事/東京大学生産技術研究所・准教授 関本 義秀
※データ提供団体からもお話頂きます。

【講演:G空間プロジェクトの取組みへの期待】
11:30-11:45 講演1 名古屋大学大学院工学研究科・教授 河口信夫
11:45-12:00 講演2 内閣府・政策統括官(防災担当) 加藤 久喜
12:00         ご挨拶 前総務大臣 衆議院議員 自民党G空間情報活用推進特別委員長 新藤 義孝

12:10 閉会

7. お申込みフォームURL
お申し込みはG空間EXPOホームページから事前登録をお願いします。
G空間EXPO講演シンポジウムページ:
URL:http://www.g-expo.jp/symposium/program.html#day1_a01
※シンポジウム参加費は無料です。どなたでもご参加いただけます。
※お申込以外のお問合せにつきましては、下記事務局までお願いいたします。
一般社団法人 社会基盤情報流通推進協議会(AIGID)事務局:office[@]aigid.jp

8. 関連URL
社会基盤情報流通推進協議会(AIGID) http://aigid.jp

【済】【AIGID】【2016年9月27日】G空間情報センター センター長の公募について

一般社団法人社会基盤情報流通推進協議会では、G空間情報センターの企画・運営の執行責任者となるセンター長を公募いたします。

募集要項のPDFはこちらからダウンロード(.pdf)

応募申請書はこちらからダウンロード(.docx)

    1. G空間情報センターとは

G空間情報センター(以下、「センター」という)は、現在様々な主体が様々な目的で整備している地理空間情報の有効活用や流通促進を図るため、利用者が必要となる地理空間情報や関連する情報がワンストップで検索入手できる仕組みです。また、地理空間情報に関わる研究開発やデータキュレーションなど、イノベーション創出に向けた各種サービス・事業を展開します。

例えば、防災・災害分野では、事前の準備・訓練から発生時の緊急対応、復旧・復興時など時間軸によって必要とされる情報や情報の利用の仕方が異なります。センターでは、防災・災害時に行政、研究機関、企業や市民等が一層迅速で的確な意思決定を行えるよう、また日頃からの備えができるように、行政、企業が保有するG空間情報の検索・入手・利用を支援します。

また、移動支援、健康、地域活性化・産業振興などさまざまな社会公益的なサービスの実現に貢献することを目的としています。

    1. センターの主な事業

<センターの主な事業>

      1. 情報保有者への積極的な働きかけによるデータ等の収集及び流通
      2. データの加工・編集などによる利用者が使いやすいデータの提供
      3. 利活用方法の開発と提案
      4. 情報の整備、流通、利用のサイクルの構築

<防災・減災分野における活動範囲>

国、地方自治体や災害情報ボランティアなどの関係機関等に対して防災・減災活動に資する情報(素材)を提供する。

      1. 防災・減災に資する情報の収集と提供
      2. 災害時における基礎的な情報の提供と集約
      3. 情報保有者に対する災害時の情報提供に備えた災害時協定等の取り決め
      4. 平常時における防災・減災活動における情報の活用支援
    1. 職種
      1. センター長 1名
    2. センター長の業務内容

センター長は、センターの運営・執行責任者として以下の業務を行っていただきます。

      1. センターの運営・執行にかかる企画・設計・監督
      2. 国、地方公共団体等の行政機関、民間企業、研究機関及び各種団体等との関係構築
      3. センターの普及促進に関する活動
      4. その他、センターの運営に必要な業務
    1. 応募資格
      1. 地理空間情報の流通促進の取り組みに賛同出来る方
      2. 地理空間情報の流通に関わる政策や業務に従事したことがあり、高い知見や経験を有する方
      3. 地理空間情報および関連業界に関わる産学官との人的ネットワークを有する方
      4. 一般社団法人社会基盤情報流通推進協議会のセンター運営担当者と協調して運営に携われる方
    2. 条件
      1. 雇用形態(委嘱)

一般社団法人社会基盤情報流通推進協議会より、センター長の委嘱を行います。

      1. 期間(任期)

2年(更新可)

※平成28年11月上旬より委嘱を予定

      1. 謝金/報酬

なし

    1. 審査方法

以下の通り、審査いたします。

      1. 書類審査

提出された書類により審査を行います。その合否については、原則応募者全員に通知します。

      1. ヒアリング

必要に応じて、応募者に対してヒアリングを行う場合があります。

ヒアリングを実施する場合(下記、「8.公募審査期間(2)審査期間」参照)は、10月25日(火)にご連絡いたします。

    1. 公募・審査期間
      1. 公募期間

平成28年10月3日(月)~平成28年10月24日(月) 17時必着

      1. 審査期間

審査期間 平成28年10月25日(火)~11月4日(金)

ヒアリングを実施する場合は、10月26日(水)から10月28日(金)までのいずれかを予定します。また、ヒアリングは、提出された書類を用いて実施し、追加資料は受理しません。なお、ヒアリング会場(東京都内で開催)までの交通費等は、応募者の負担となります。

      1. 審査結果通知

平成28年11月7日(月)予定

    1. 応募方法

応募申請書に記名押印のうえ、PDF化し、以下のメールアドレス宛てに電子メールで送付してください。

応募申請書はこちらからダウンロード(.docx)

問合せ窓口 (電子メールでのみ受け付けます)
一般社団法人社会基盤情報流通推進協議会 事務局
メールアドレス:office[at]aigid.jp
    1. 個人情報の取り扱い

応募、申請いただいた書類に含まれる個人情報は、センター長公募及び審査の目的以外には使用いたしません。

【AIGID】【2016年6月2日】平成28年度G空間情報センター運用による地理空間情報の流通の円滑化及び利活用の構築業務について特定されました

この度、国土交通省国土政策局から公募型プロポーザルとして公示されておりました「平成28年度G空間情報センター運用による地理空間情報の流通の円滑化及び利活用の構築業務」について、当協議会が特定を受けましたので、報告いたします。

【済】【AIGID】【UDC】アーバンデータチャレンジ滋賀ブロック! アイデアソン【平成27年8月22日】、ハッカソン【平成27年9月5日】の開催決定

アーバンデータチャレンジ2015 in Otsu ~大津祭を楽しむアイデアワークショップ~

概要

大津祭を楽しむ!アイデアワークショップとして開催する、アイデアソンです。

大津祭を楽しみたい!もっと盛り上げたい!大津のまちを楽しみたい!をテーマに集まっていただき、色々なアイデアを提案していただくイベントです。
参加者の条件はありません。大津祭に行ったことがない方でも、大津市外にお住まいの方でも、アプリの知識なんて全くないという方でも、アイデアソンハッカソンって何?という方でも大歓迎です!(年齢も問いません。)

大津祭を通じて、大津・滋賀を盛り上げるアイデアをみんなで考えませんか?

キックオフ 開催日時と会場

平成27年8月12日(水)19時00分~
旧大津公会堂
滋賀県大津市浜大津1丁目4番1号

アイディアソン 開催日時と会場

平成27年8月22日(土)13時30分スタート 18時頃終了予定
ピアザ淡海(滋賀県立県民交流センター)207会議室
滋賀県大津市におの浜一丁目1-20

https://udc2015otsu.doorkeeper.jp/events/29339

ハッカソン開催日時と会場

平成27年9月5日(土)10時30分スタート 17時30分頃終了予定
大津祭曳山展示館 3階 多目的ホール
滋賀県大津市中央一丁目2-27
(駐車場はありません。ご注意ください。公共交通機関をご利用いただくか、周辺の有料駐車場をご利用ください。)

https://udc2015otsu.doorkeeper.jp/events/29341

公共測量成果のビジネス利用について(グレーゾーン解消制度)

グレーゾーン解消制度を活用した、公共測量成果のビジネスへの二次利用手続きの確認について

 平成25年12月4日に「産業競争力強化法」が成立し(翌年1月20日に施行、概要は経産省HP)、現行の規制の適用範囲が不明確な分野においても企業が安心して新分野進出等の取組を行えるよう規制の適用の有無を確認できる、「グレーゾーン解消制度」が創設されています。

 (一社)社会基盤情報流通推進協議会(AIGID:アイジッド)では「測量法」における公共測量成果の複製承認について、二次的複製(一次複製は承認を得て作成)を行い、ビジネスを実施する者が「複製しようとする者」に該当するかどうか同法に示されていない点について、グレーゾーン解消制度により経済産業省に「規定に関する意見照会書」を6月26日に提出し、7月22日に同省より、ビジネス利用も問題ない旨の「規制について規定する法律および法律に基づく命令の解釈等に関する回答書」を得ました。

各文書は下記よりダウンロードしてご覧いただけます(PDF形式)
・「規定に関する意見照会書
・「規制について規定する法律および法律に基づく命令の解釈等に関する回答書

 また、日刊工業新聞にも上記について、掲載されております。